それマジ!?

実は、昨年(2013年)夏8月にわけあって埼玉県観光課の仕事の入札に参加しました。

半年間かけて埼玉県の観光映像を13本作る、というプロジェクトの入札でしたが、いつもの感じでプレゼンに行きまして、結果見事(かどうなのかわかりませんが)当社イイリイが受託しました。

新規に10名くらいのスタッフを集めて、それはそれは忙しい毎日を送りました。12年間のサラリーマン時代を思い起こさせる働きっぷりだったんですが、何とかおかげさまで映像ができあがりまして、プロジェクトは一先ず終了したわけです。

soremaji002

その映像なんですが、先月3月中旬に納品が終わり、現在様々な媒体で流れています。

一つ目は西武鉄道の中で流れているものです。現在鉄道の中のドア上のビジョンで流れているものです。これは高橋さんというディレクターのメインコンセプトを元に、西武鉄道の要望も加えてそのスピンオフのような形で村井君というエフェクト職人を加えて作ったものです。僕=永嶋の故郷・秩父の札所34カ所の「総開帳」を紹介する映像になっています。

 

二つ目は3/31から一週間、埼玉高速鉄道の中で流れているものです。幸野君というディレクターが作った、旧鳩ヶ谷市~さいたまスタジアムのある大門にかけての日光御成道という歴史ある街道筋を辿っているのが、現在の埼玉高速鉄道だ、というような沿線の歴史を紹介する映像です。

三つ目はこれから東武関連の施設で流れる東武伊勢崎線を紹介するもので、ミュージシャンの須永さんの企画を元に、横堀君というディレクターの作ったものです。

どれもメインのコンセプトが「それマジ!?埼玉県」というもので、最後に「いっしょに行こうよ!一緒に観ようよ!  ~人生を一歩進める旅~ 」というものが基本的には入っています。

どこかで見かけたらイイリイの事を思い出してください。

埼玉は近いけどいろんなところがあるので、カップルでも家族でも様々なタイミングで出かけてみて下さい。人生を一歩進める旅、になる事でしょう。

秘境あり、大都市あり、祭りありの埼玉をPRする13本の映像は近日中に埼玉県のホームページにアップされていくので、また報告します。

 

issyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

soremaji


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です